車を売る時に注意したい事

トオルです。

今回は車を買取に出す時、やっておいた方が良いことです。車を高く買取してもらうにはそれなりにやっておくと良い事、それからやらない方が良い事があります。

では、まずは、やっておいた方が良いことですが、これはまず、車内掃除です。車の中は知らない間に色んな汚れで汚くなっていきます。車内で食事をする事もあると思いますし、子供がいるうちのような世帯だと、子供が社内で遊んだり、お菓子を食べたりもしています。

そういうのは座席の溝に食べカスが入り込んでいる事もあるので、入念に掃除をしてあげると、査定の時、減額されずに済みます。しかし、逆に車体を洗浄するのは待ってください。車体はできればあまり洗浄しない方が良いです。

その理由は簡単で、車体の細かい傷が目立ってしまい、むしろ減額の対象になってしまうからです。車体は多少汚れていても減額の対象にならない事が多いですが、それが傷があるとげんがくされてしまいます。

折角キレイにしたのに減額されてしまっては意味がありませんし、その上洗浄した代金の元が取れるだけの査定額にならない事もあるので、無駄になってしまうかもしれません。

できれば、車内は掃除して車体はそのままにしておいてください。

あと、付属のパーツや元々付いてた純正の物があればそれは一式そろえておきましょう。あるとないでは多少でも違いが出てきます。さらに改造をして純正の物にしてなかったらそれは純性の物に直してから売ると良いですね。

純正になってないと、そもそもパーツ単体を査定に加味してくれる業者は少ないので、損になってしまう可能性があります。

以上の事がしっかりやれていれば高額査定になる可能性がほんの少しで上がるのではないかと思います。