自己破産は最後の手段

こんにちは、松村です。

個人再生や任意整理でもどうしようもなくなったら自己破産を選択するしかありません。そうなると少し大変で、まず裁判所に全ての債務(借金)を免除してもらうように申請を出します。そこで許可が出れば税金を含めたすべての債務は免除されることになりますが、一定の価値のある財産はそのほとんどをお金に換えて債権者に配当されることになります。

手元には最低額20万までのものしか残りません。家とかも可能であれば手放さないといけなくなる場合があるんです。ただ、支払いが不能って判断された場合にのみ使用できるので支払い可能って判断されると自己破産はできません。

そして全て完了してから10年前後の間は新たな借金ができなくなるのと、クレジットカードの申請が難しくなります。それから自己破産の申し立てをしても免除が許可されない場合は浪費やギャンブルが原因で借金をした場合です。これは破産法というので許可が下りないようになってます。それから財産が残ってるのにも関わらず破産申請をして財産を隠していた場合も許可は下りないようになってます。

この場合は支払いが可能と判断されるんです。ただほとんどの場合、許可が下りないようなものであまり重くないと判断されれば裁判所の裁量で認めてくれることもあるようですね。

自己破産の手続きには2種類あるんですけど、それは同時廃止と管財です。裁判所に申し立てをした時に、申し立てした僕らに、債務者に配当する財産がある場合は管財になります。それに対して配当する財産がない時、特に価値がある財産がない時には同時廃止となります。

管財事件になると破産管財人が選任されるんですが、手続きは時間がかかり、裁判所に収めないといけない予納金も大きくなり、個人が破産する時は配当しないといけない財産をほとんど持ってない事が多いので大体は同時廃止事件になります。

こういった具合に自己破産をするとそれなりにリスクが大きいのでこれを使用する人は最終手段として使用する人が多いみたいです。