借金の一本化と債務整理

こんにちは、松村です。

世の中には借金を複数の業者からしてしまって多重債務者になってしまう人がいますね。限度額いっぱいまで借金をしてしまって、もう借りられないから他の業者から借りるとかしてしまって色んな所からお金を借りて、結果的には多重債務者になるって事です。

そして、借金地獄っていう現実です。こうなると火の車ですよね。そんなときの為の借金の一本化というものがあります。これは複数の業者に借りてるお金を新規の金融機関に返済先を変える事で一本化しようって事ですね。借金をしてない金融機関から低金利で貸し付けを受けてそのお金で今借金してる金融機関の返済にあてます。そして多重になってた借金を全て返済してから改めて低金利で借りた金融機関へ返済をする事で借金してる場所を一本にまとめようってことです。

この方法のメリットはどこにどれだけ借りてるのかわからなくなってる状態を解消してわかりやすくするって事です。そして借金が返済しきれない部分を解消する事で返済をしやすくするって事です。

ただし、この方法で複数の金融機関からの借金は返済できますけど、借金自体がなくなるわけではないので返済は続きますし、減額されてるわけではないので前より支払い増額は高くつきます。

この点で言えば債務整理は減額して支払いをしやすくすることなのでそこは大きな違いがありますね。そこが大きく違いがある部分です。僕は一本化するよりは元の金額を減らした方が本人的にも楽なのかなと思いますね。

前に債務整理をすると借金が新たにできなくなるって話をしましたけど、これはクレジットカードでの支払いもできなくなるって事です。あれもローンですからね。なので基本的には現金での支払いしかできなくなるって考えていいと思います。

そもそもクレジットカードを使用した買い物をしない人には気にならないと思いますけど、今は現金でしか払わないって人の方が少ないですからね。少なからずどこかでクレジットカード払いをしてると思います。

なので個々は少しだけ不便を感じるかと思いますが、今は通販もコンビニ支払いできる時代なのでそこまでの不便はないかもしれないですね。買い物を見境なくできなくなるってことくらいですか(笑)