債務整理といえば任意整理

債務整理と聞くと、裁判所を通さないといけないと思いがちですが、実は裁判所を通さないでできる方法があるんです。

それが、任意整理です。任意整理とは、司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉をして、支払いが可能になるような(今よりもよい)条件での合意を成立させる手続きです。裁判所は関与しません。すべての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのが、この任意整理の手続きです。

任意整理では、取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算し(引き直し計算)、返済し過ぎていた金利分を元本に充当させ、法律上返済しなければならない「本当の借金の額」を明らかにします。

原則としてこの引き直し計算後の元本のみを分割返済していくことになります。そのため、任意整理をすると、これまで返済し過ぎていた「グレーゾーン金利」に相当する金額が減額されることになるのです。

また、これまで返済してきた「グレーゾーン金利」に相当する金額を借金の元本に充当すると、すでに元本を超えて返済している場合があります。この返済し過ぎたお金のことを「過払い金」といいます。「過払い金」が発生している場合には、貸金業者に過払い金の返還請求ができます。

ただ、デメリットとしては、借入が今後約5年間できなくなります(ブラックリスト)。あと、最近は任意整理手続きに応じない業者が増えています。

一度弁護士に相談すると良いと思います。埼玉の法律事務所もたくさんありますから迷いますよね。このサイトに埼玉の法律事務所のおすすめやまとめが載っていたので、埼玉で債務整理を考えている方は参考になると思いますよ。
参考:埼玉の男が債務整理をした結果を報告!